プログラム

パーソナルトレーナーとトレーニング
あなたの理想の体を作る
パーソナルトレーナー
GOLD COASTでトレーニングを学ぶ。
オーストラリアであなたの理想の体作りをしませんか?
トレーニングと栄養学を一から丁寧にお教えします。
READ MORE

バスケットボール
ゴールドコーストでバスケットボールしたい人
大募集!!
オージーと一緒にバスケの練習や試合しませんか?
レッスンはすべて英語なので英語の勉強にもなります。11歳から大人まで
GOLD COASTで毎日レッスンしています。
READ MORE

ホーム ウエイト サーフィン バスケ トレーニング CONTACT

シュート・パス・ドリブル

今回はオフェンスの基本の3つの動作について書きます。


さて、シュート・パス・ドリブル
この三択で優先順位は何だと思いますか?

正解は一番はシュート
二番はパス
三番はドリブルの順です。

バスケは点を取り合う競技です。
ボールを持ったらまずシュートを狙うことです。
シュートが打てるなら打ちましょう。確率40パーセント以上のシュートは迷わず打つべきです。
10パーセントのようなシュートは打てないと考えます。
打たないならディフェンスはつく必要はありません。

シュートが打てないなら
パスを探すべきです。
パスはドリブルより早く動くからです。
パスが出せるということはレシーバーがもらえるスペースがあるということです。
つまり、ディフェンスがベストなポジションにいないのです。

シュートが打てない
パスが出せない
ドリブルが必要です。
シュートも打てないしパスも出せないということはディフェンスがタイトについているから
1on1できるスペースもあるし抜ける可能性が高いです。

日本人は基本的にシュートよりドリブルよりパスを優先する傾向が強いです。
練習中はもっともっとシュートを打ってもいいことが多いです。
シュートがうまいとすごくディフェンスは大変です。
シュートの練習をいっぱいしましょう。

*Disclaimer: Individual results may vary Personal Trainer
CONTACT US

0433-263-276
日本より+61 433 263 276

shinfitness@koshidashinsuke.com

Open from 7am to 6pm