プログラム

パーソナルトレーナーとトレーニング
あなたの理想の体を作る
パーソナルトレーナー
GOLD COASTでトレーニングを学ぶ。
オーストラリアであなたの理想の体作りをしませんか?
トレーニングと栄養学を一から丁寧にお教えします。
READ MORE

バスケットボール
ゴールドコーストでバスケットボールしたい人
大募集!!
オージーと一緒にバスケの練習や試合しませんか?
レッスンはすべて英語なので英語の勉強にもなります。11歳から大人まで
GOLD COASTで毎日レッスンしています。
READ MORE

ホーム ウエイト サーフィン バスケ トレーニング CONTACT



板はサーファーの永遠のテーマです。
調子がいい板といってみたり
悪い板といってみたり
うまく乗れない時は板のせいにしてみたり
いろいろなドラマが板とあります。

今日は板選びについて書いてみます。
サーファーは板をどうやって選ぶとよいか?を独自に考えてみます。
まず、
選ぶ時のポイントは
体重はメインのポイントになると思います。
重い人は太い板になるし
軽い人は細くしてできます。

技術はパドル力も含む総合の技術です。
パドル力があれば細く短くても波をキャッチできます。
技術力があれば板を波に大きくかませます。

波や海にもよります。
車のタイヤに似ていると思います。
雨の日はレインタイヤのように
波が
でかいときの板
小さいときの板
速い日の板
遅い日の板
ホレてる時の板
いろいろな種類の板が必要になってきます。
うまい人が何枚板を持っているのはその日の波のコンディションに合わして板を選ぶからです。

スタイルはロング・ショート
ふわふわサーフィンしたい人
きゅっきゅっとサーフィンしたい人
エアー重視の人
パドル重視
などなど

筋力も非常に大切な要素の一つです。
筋力があれば板を波に出し入れして浮力を大きくしたり小さくしたりできます。
あなたの体重、筋力と技術で波に板をぎりぎり出し入れできる太さの板を見つけてください。

このようにあなたの力と波のコンディションを考えて
板の浮力を最大限に出せる板がいい板ということだと思います。

*Disclaimer: Individual results may vary Personal Trainer
CONTACT US

0433-263-276
日本より+61 433 263 276

shinfitness@koshidashinsuke.com

Open from 7am to 6pm